ペットに優しい床材
@傷がつきにくい
A滑りにくい
Bクッション性
C耐水性
D消臭効果
Eメンテナンス
Fコスト
残念ながら今の所全てを満たす床材はないようです。 犬種・行動・生活スタイル等を考慮して選んでいくのが一番ですね。 御参考までに一般的な床材に関してまとめてみました。
床材を選ぶ事は大切な事です。 しかしその前に・・・ワンコ達の足裏に注目です!! 足裏の毛もきちんとカットしておきたいですね。 爪も同様です。爪を伸ばしっぱなしにしていると、肉球がきちんと地面 につかず、滑ってしまいます。まずは上記の事をチェックして次のステップ に・・!
クッションフロア(CF)
塩ビでできたシート素材。アンモニアにも強く掃除も簡単。消臭機能のついているもの。厚みも色々あります。又下地に染みこまないタイプ等色々あります。足ざわりが冷たくベタベタした感触が若干あり。尚、CFはフローリング等の上に引く形で使うことも可能です。
*ペット対応タイプ取り扱いメーカー*
リリカラ
http://www.lilycolor.co.jp/
サンゲツ
http://www.sangetsu.co.jp/
シンコー
http://www.sincol-group.com/
*当社HPの足に優しい床材参照してみてください。


クリネスシート
東リいからでている商品です。ペット対応床材です。傷がつきにくく、クッション性もありお手入れ簡単。つなぎ目も少ないシートタイプなので目地から水分が漏れにくく下地も傷めません。
東リイヌヤ・ネコタチ
http://www.inuyanekotachi.com


フローリング
最近ではフローリング材もペット対応型が増えてきています。フローリング派の方は下記HPも参考にしてください。
松下電工ねこワンぱくフロアー
http://national.jp/sumai/
ボード工業ペットコートフロアー
http://www.board.co.jp


カーペット
滑りにくく消臭機能、防ダニ・カビ加工、防汚加工などを施しているものがお奨めです。毛足が長いと掃除の手間もかかり毛をかじることもあるので短いタイプのほうがお薦めです
スミノエトリプルフレッシュ
http://www.maruta-syouten.com/cathand/detail-20449.html


タイルカーペット(アタック250)
四角いタイル状になっているカーペットを組み合わせて床に敷き詰めるタイプ。汚れたらその枚数だけ洗ったり、交換したりできる。滑りにくく、カットパイルなので爪がひっかかりにくく、防音効果もある。
東リイヌヤ・ネコタチ
http://www.inuyanekotachi.com


コルク
感触も柔らかく滑りにくい。水拭きも可能、日差しの強い部屋では白く退色しまうこともある。強く掘ってしまうとボロボロに崩れるように剥がれる事もある。フローリングタイプのコルク床材表面を特殊樹脂ワックスで仕上げたコルクフローリングです。耐摩耗性・保温性・弾力性・肌ざわり・経済性など、トータルバランスに優れています大豆油などの天然の植物オイルで表面を仕上げたコルクフローリングです。表面をワックスで仕上げ、コルク特有の色艶や、弾力のある感触を大切にしたコルクフローリング.。
東亜コルクhttp://www.toa-cork.co.jp/cork_commodity/cork_flooring_tile/index.html


タイル(テラコッタ、磁器タイル)
水拭きも問題なく丈夫。表面がデコボコしたものを選ばないと滑りやすい。床暖房と組み合わせ快適な環境をつくれる。
INAXデザレートコット・フォスキー
http://www.inax.co.jp/


ライノエレメンツ
ライノエレメンツは、通常のフローリング材に比べ、擦り傷やペットのひっかき傷がつきにくい“軟質塩化ビニール系・耐摩耗層”を採用しています。クッションフロアやカーペットのように、家具の設置あとやテーブル足による凹みがつくことも、Pタイル等のように割れたり欠けてしまうことも、ほとんどありません。欧米では床材の圧倒的なシェアを誇るArmstrong社(独)が、英国の一般家庭向けに企画した、スタイリッシュな床材。4層構造の丈夫で扱いやすいホモジニアスビニル床タイル。
アクリサンデー
http://www.acrysunday.co.jp/products/rhino/feature/index.html
   傷がつきにくい 滑りにくい クッション性 耐水性 メンテナンス コスト
                   
クッションフロア
(一般用)
クッションフロア
(ペット対応)
フローリング
カーペット  
コルク
タイル